日記の最近のブログ記事

『世界中の式典や国際的な舞台で、自国・他国問わず、皇帝・王・国家元首や国旗や国歌に敬意を示さなければならないのはもう常識。 
教師たるもの、1個人の信条を超えて、世の中の当然のマナーを子供に示さなければならない。』 

全く以てその通り、至極当り前な話です。 


何に反発しているのかは存じ上げませんが。 
その8人はその場を何をする場だとお思いだったんでしょうか。 

教え子たちを気持ちよく送り出す、 
一生に一度の卒業式だったのではないんですか? 

我を張る己の姿は恥ずかしい...という感情に結びつかないとは; 
例え行き過ぎた条例に対する思い故の行為であったとしても。 
決して誰からも褒められやしませんよ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは教育です。

次のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31